東京でクリニックの開業を考えている方のサイト

内装へのこだわり

  • HOME »
  • 内装へのこだわり

ワークフロー

改装・移転計画・・・ヒアリング

yajirusi

設計・施工計画・・・設計計画、施工計画、資金計画

yajirusi

契約・・・レイアウトプラン提出、見積提出

yajirusi

着工工事・・・デザイン作図、各種届出申請

yajirusi

工事計画・・・工事監理、施工説明、設備搬入設置等

yajirusi

御引渡し・・・設備取扱い説明、御施主様検査

yajirusi

移転作業・・・既存荷物等移送

設計・施工計画の前提となるヒアリング

間取りひとつを考えても、使いにくいレイアウトであれば

  • 来訪患者にとって不快、不便なイメージを持たれてしまう。
  • レイアウト変更の頻度が嵩む

そのようにならないために、初期計画の時点でどのようにしたいのかをヒアリングしていきます。

省エネ設備提案

省エネ設備提案

例えば、移転先の照明器具が一般蛍光灯設置であって、入居してからもこの照明を使っていくとします。
診察時間とその前後を常時点灯すれば、これだけでも月間の電気代は多大なものになっていきますので、
この場合、電気代削減案として、LED照明をご提案していきます。
只し、照明器具を丸ごと交換していけば意匠的にもグレードアップしていくことは容易ですが、
予算も上を見れば切りがないくらい青天井となります。
弊社としては、既存器具を活用してLEDに切り替えることが出来ます。そうすることで初期コストを抑え、
電気代も削減していくことが可能となります。また、初期コストを抑える手段として、リースにすることも可能です。

このようなことも解消いたします

  • 間仕切りをすることでエアコンのない部屋が出来てしまった。
  • 既存空調設備を残存したまま間仕切りをしてしまった。

するとエアコンがある部屋とない部屋が出来てしまい、エアコンのある部屋は面積に合わない能力のエアコンが
ついているので、冷暖房の負荷が高まり効きすぎになってしまう。もちろんリモコンを使って温度調整をすれば、
その程度の問題は解消します。しかし、その都度調整していく手間も発生します。

さらに問題なのは、エアコンのない部屋です。当然、冷暖房がないので夏は暑く、冬は寒い。
ポータブルの扇風機やヒーターを使えばいいと思いますが、そうすると電気代は嵩む、無駄な設置スペースを
設けなければいけない等の問題が発生します。

クリニック内の冷暖房は既存空調設備で賄うので最善策であると思います。
既存のエアコンを利用したまま空調の届かない部屋がないように提案をすることが出来ます。
(但し、ビルの構造上で不可能な場合もございます。)

お問合せ先:株式会社ダク・エンタープライズ TEL 03-3574-9651 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 東京でクリニックどっとこむ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.